安心ドッグフードガイド-評判の人気製品を徹底比較-

メインイメージ

効率よいドックフードの選び方

毎日愛犬に与えるドックフード。愛犬の口に入るものですから、出来るかぎり安心で安全なものを選びたいものです。
またドックフードの価格は、すごく安いものから、少し値が張るものまで様々ですが、あまり安すぎるものだと、使用している原材料が粗悪であったり、
犬にとって必要な栄養素が摂取出来なかったり、生体に影響を与えるとされている成分が多量に含まれていたりします。
さらに最悪の場合、そのドックフードを与え続けた事によって病気にかかってしまうこともあるのです。

では、どのような事に注意してドックフードを選べばいいのでしょうか。
ドックフードには、ドライタイプ、ウエットタイプ、セミモイストタイプといった形態の違うドックフードがありますが、
この中で避けたほうがいいのは、セミモイストタイプです。

なぜならこれは、ドライタイプに比べて水分量が多いのが特徴ですが、 そのために腐敗や酸化が進みやすく、それをカバーするために、
合成保存料を使用している可能性が高いからです。

そしてやはり1番注意すべき点は、原材料でしょう。肉副産物や肉骨粉が入っているものはやはり避けるべきですし、
コーングルテンとトウモロコシのように、名前が違っても同じ種類の材料をわざわざ分けて表示しているものは、
原材料表示の記載順を調整して、お肉が多く含まれているかのように見せるための手であることがあります。

何より犬にとって1番重要な栄養素は、動物性たんぱく質ですから、気をつけて見てあげるべきでしょう。
アフラトキシンやエトキシンは、生体に影響を与えるとされている成分ですし、また賞味期限があまりにも長いものも、
保存料を多量に使用している場合があるので、気をつけたいですね。

このように、注意すべき点をあげるとなんだか沢山あって大変に思うかもしれませんが、
1番手っ取り早くそのドックフードが安全か確かめたいのなら、製造元に連絡をとって、このドックフードは人が食べても問題ないか尋ねてみてください。
人間が食べても問題ないのなら、安心して愛犬に与える事が出来ますよね。
完全無欠のドックフードは存在しませんが、ぜひあなたも、ドックフードに対してある程度の知識を持って、最良のドックフードを選んであげてください。

こちらには、病気になったときのドックフード選びについての詳しい解説がありました。是非ご覧になってみてください。