安心ドッグフードガイド-評判の人気製品を徹底比較-

メインイメージ

一般的なドックフードの種類

愛犬、いいえ大切な家族の唯一の食事ですから、きちんとしたものを選びたいですよね。
現在販売されているドックフードのパッケージには、チワワ専用、ダックス専用などと書かれている商品が多いと思います。
が、本当にその犬専用に作られているものでしょうか?これなら安心してあげれるわ~と、気軽に購入してはいませんか?

そもそも、パッケージに嘘が書いてあると言いたいのではありません。が、値段だけで決めてはいませんか?原材料、きちんとみて添加物など見てますか?
私がお伝えしたいのは正にここなのです。

1kg700円という安価な商品は、まず疑った方がいいという方もおられられます。
なぜなら、物には当たり前ですが、相場が存在し、牛肉にもお米にも相場があります。では、ドッグフードの相場はどうでしょうか?

ペットショップや量販店などで見かけれる1kgの値段は、約500円から700円ほどではありませんか?
もしくは、それを下回るものも多数存在すると思います。もちろんプレミアムドッグフードなど、1kgで2000円程度のものもありますが。

ではここで、ドッグフード(ドライタイプ)の場合のお話をします。犬が摂取種栄養成分のうち、一番大切なのは動物性タンパク質なのです。
いわずとも分かるはずの、お肉が重要なのです。

なのでお肉メインのドッグフードを1kgあたり500円から700円で探すと、中々見つからないと思います。
勿論、鶏肉だったり他の部位を使ったものなら沢山あるかもしれません。でも、それは私たちが食べている生肉の話なのです。

大抵のドッグフードは、水分量10%程度です。生肉に含まれている水分量はおよそですが、70%前後と言われていますので、
1kgの生肉を水分10%にしようと考えると、その量は400gまで減ってしまうのです。
そう考えると、安価なドッグフードには愛犬が必要としている肉が殆ど含まれていない事になります。

このご時世、人間でも食費を節約しています。犬にだけ高い品質のよいドッグフードを・・・。と考えると、気が引けるかもしれません。
でも大切な家族であることには変わりありませんよね?

犬は平均でも10年は生きます。その間ジャンクフードみたいなドッグフードばかり食べて病気になったらどうでしょう。
保険に入られている方はいいかもしれませんが、そんな方ばかりではないと思います。

ですから、きちんと愛犬に高品質なドッグフードを与えてあげていただきたいものです。
また出来るなら、手作りのドッグフードが一番最良と言えるでしょう。