安心ドッグフードガイド-評判の人気製品を徹底比較-

メインイメージ

無添加のドッグフード

国産・外国産でも、無添加のドッグフードは多数存在します。そこで一つ、国産の無添加ドッグフードの例を見つけたので挙げてみます。

これは、人間が食べれる食材を使っているのが何よりものウリです。
特徴としては、多種の食用肉(牛・豚・鶏・馬・魚)を使用しており、偏った一種類の動物性タンパク質を摂取せずに済む点です。

また、穀物の80%程を前処理で完全に消化出来る状態にし、残りの20%を生の状態から低温殺菌し、腸内で善玉菌の餌にする事にできます。
なので抗菌剤を使わずとも無添加のドッグフードを維持できています。
そしてなんと、こちらの無添加ドッグフードですと、給仕量も半分になります。

また他にも、イギリス産の無添加のドッグフードを見つけたので記しておきます。
その商品の特徴として、100%無添加 アレルギー対応で小麦・大豆・トウモロコシ・乳製品・牛肉・豚肉不使用で、こちらも給仕量は半分でOKです。
さらに高嗜好性で、人間が食べても大丈夫な品質のラム肉を55%配合しており、全犬種向けで7ヶ月からシニアまで安心して食べることが出来ます。

またこちらのドッグフードは、犬が本来必要としている食事にこだわり、消化器に負担をかけないような原材料、体に影響を及ぼす添加物は一切使用していません。
そのため栄養素の吸収もよく、肥満・毛並み・関節やアレルギーなど健康に関してあらゆる面でサポートできるように作られています。

そしてどちらにも共通して言えることは、無添加だからこそ、着色料や香料も使われていません。勿論、無駄な成分も含まれていません。

現在、愛犬をペットというよりも家族として扱う方が多いですよね。
もし、自分の大切な家族に毒だと分かっていても無添加ではないドッグフードを食べさせ続けれますか?
毒だと分かれば、そのリスクは回避してやりたいと思うのが、正常な判断だと思います。

無添加のドッグフードは、一般的に売られているドライフードに比べると少々高価ですが、健康が一番です。
また毛並みが悪い、アレルギーがあるなどのトラブルをお持ちでないケースの犬にも、是非試して頂きたいです。