安心ドッグフードガイド-評判の人気製品を徹底比較-

メインイメージ

総合栄養食のドックフード

全てのドックフードには、一般食と総合栄養食の2種類があります。
総合栄養食のドックフードとは、そのドックフードと水を与えるだけで必要な栄養素を摂取できるドックフードで、
幼犬用、成犬用、妊娠、授乳期用、シニア用と年齢に合わせたものがあります。

またパッケージに総合栄養食と表示出来るのは、ペットフード公正取引協議会が定めた試験の結果、その基準を満たしていると証明されたドックフードか、
ドックフードに含まれている栄養成分を分析して、その結果が公正競争規約に定められた栄養基準を満たしているドックフードです。
ドックフードの種類は沢山あるので、総合栄養食という言葉は知っておくと良いでしょう。
こちらのドッグフードダイエットのメリットデメリット評判ランキングサイトでも解説されています。

しかし、いくらそのドックフードを与えていれば必要な栄養素が摂取出来るといっても、
愛犬の体調によっては、ウエットタイプのドックフードを混ぜて与えてあげるなどしてあげる事も忘れてはいけません。

人間も体調が悪い時には、お粥の方が食べやすかったりするように、犬も体調によっては柔らかいものが食べやすかったりするのです。
また、アレルギーを持っている犬であったり、メタボ気味の犬であればまた違うドックフードを与えてあげなければなりません。

このように、総合栄養食と水を与えていれば必要な栄養素を摂取出来るといっても、やはりそれぞれの犬に合ったドックフードというものがあるので、
総合栄養食の表示があるドックフードをあげていれば、絶対大丈夫というわけではないのです。

それにアレルギーを持った犬であれば、何に対してのアレルギーを持っているのか気をつけて見てあげて、
獣医さんに相談しながら、ドックフードを選んであげてください。今はアレルギー対策用のドックフードもありますし、たまに手作りしてあげるのも良いでしょう。

またメタボ気味の犬であれば、メタボ対策用のドックフードというものもあります。
総合栄養食のドックフードというのは、そのドックフードと水を与えていれば良く、とても便利なものですが、
何より愛犬が、毎日元気においしく食べられるドッグフードが1番です。
ですから、総合栄養食のドックフードをうまく使いながら、愛犬の体調に合ったドックフードを与えて、毎日元気に過ごしてほしいですね。