安心ドッグフードガイド-評判の人気製品を徹底比較-

メインイメージ

ドッグフードのタイプ

主に犬の主食になるドッグフード(総合栄養食と言われています。)は、ドライタイプ、ウエットタイプ、
セミモイストタイプ・ソフトドライタイプと分けられています。

まずドライタイプは、水分量が10%程度もしくはそれ以下のものを指します。
これは栄養価が高いことに加えて、開封後も水分を多く含んでいないので、容器に脱酸素剤を入れることで長期保存も可能です 。

またカリカリとした食感のため、歯に付着しにくく歯石が付きにくいのが特徴です。
ですが、水分が少ないので新鮮なお水をたっぷりと与えてあげる必要があります。そして匂いもさほどないので、好き嫌いが他に比べて少ないです。

次にセミウエットタイプですが、水分を含んでいる量が75%程度のフードを指します。
そしてこれは、匂いが強く風味も良いため、殆どの犬が好む傾向にありますが、特に水分摂取量が少なめの犬には、最適です。

また缶詰やアルミパウチに入っており、開封しなければ長期保存可能ですが、開封後はできるだけ早く消費してあげてください。
そしてドライタイプに比べ匂いがきつく、歯石も付きやすい傾向があります。また、1食分の単価も他のものに比べ割高です。

そしてセミモイストタイプ・ソフトドライタイプですが、
まずセミモイストタイプは、水分を含んでいる量がおよそ、23%~25%程度のものを指し、そしてソフトドライタイプは、
ドライタイプとウエットタイプの中間に当たるフードです。

この様に3タイプに分かれているフードですが、基本的にドライフードをメインにして、
食欲がない・何か特別な時などに、ウエットタイプを与えるなどがお勧めされています。
なぜなら、ウエットタイプばかり食べさせているとそれに慣れてしまうので、ドライタイプに変えた際に食べなくなることがあります。

またどれを与えるかは、飼い主さんの自由なので、愛犬に合ったフードを選ぶといいと思います。
その他に、間食用にジャーキーやビスケットなど一般的におやつと呼ばれているものも多数存在します。

これらは、与えすぎには注意しなければなりませんが、しつけの際などに与えると効果的だと言われています。
勿論、愛犬の年齢や趣好により好き嫌いがはっきりでますが、そこは飼い主さんと愛犬と相談しつつ決めてください。