安心ドッグフードガイド-評判の人気製品を徹底比較-

メインイメージ

レトリバーにはどんなドッグフードがいい?

盲導犬や介助犬になるような賢さを持ち、人なつっこくて従順なレトリバーですが、
ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、フラットコーテッドレトリバーなどレトリーバーには種類があり似ていますが、別々の歴史があります。

しかし、ほとんどが昔から水鳥猟でハンターが仕留めた獲物を陸まで運んでくる役割をもち、泳ぎの得意な犬種です。

また、レトリバーは股関節形成不全や皮膚疾患、腫瘍、拡張型心筋症などの心疾患などにかかりやすい犬種と言われており、
フードを選ぶ時には運動機能を補えるような栄養素と疾患対策が出来るフードを選択することがポイントです。
被毛や毛艶を維持するためには良質な脂質、関節のサポートをしてくれるグルコサミンコンドロイチン、 心臓のサポートをしてくれるタウリンLカルニチン、皮膚のケラチンに含まれているアミノ酸などを重要視して選んであげるとよいでしょう。
また、足腰に負担がかかる肥満も天敵なのでカロリーにも気をつけたいですね。

大型犬は小型犬より寿命が短く、成長スピードも早いのでライフステージに合わせたフードを適切に与えることが健康維持につながります。
粒が大きい大型犬用フードもあり食べやすいように工夫がされています。
最近では犬種別の専用ドッグフードというものも発売されていて、ゴールデンレトリバー用が出ているのでそちらを試してみるのもいいですね。
フードのタイプですが、大型犬で鼻先も長めのレトリバーはドライでもウェットでも特に問題なく食べられるでしょう。

ドライタイプは噛むことによって歯垢がつきにくくなる利点がありますが、
あまりにも勢いよくあまり噛まずに食べてしまう子は逆に消化不良になってしまう場合もあるので
ウェットタイプを少し混ぜたりして、工夫してあげるとお腹に優しいです。
その子その子に合わせたフード選びに加えて、食べさせ方も大切です。
あれこれ色々なメーカーを試すよりはしばらく様子を見て与えて続けてみないと合うか合わないかの判断はしにくいので買う前に原材料などをよく確かめましょう。
こちらのオーガニック認定済みのドッグフードについての記事も参考にご覧ください。