安心ドッグフードガイド-評判の人気製品を徹底比較-

メインイメージ

食べさせてはいけない食べ物

愛犬に手作りの食事を与えてあげる時もあるでしょう。
愛犬に食べさせてはいけない食べ物があります。
どのようなものがあるのでしょうか、覚えて置いてください。

犬にとって必要な栄養といえば動物性たんぱく質、つまりお肉です。
しかしお肉も生のまま与えてしまうと寄生虫や病原性細菌を含んでいる場合があるので、与えるのであれば加熱してから与えてあげてください。
また、タコやイカは消化が悪いので避けてあげたほうが良いでしょう。
ネギ類、玉ねぎや長ネギなどは犬の赤血球に反応する物質によって溶血性貧血や血色素尿症が起こる可能性があるので要注意です。
溶血性貧血とは赤血球が破壊される事で起こる貧血で、血色素尿症もまた赤血球が破壊される事で起こる尿中に血色素が出現する状態の事を言います。
ネギ類を含んでいる食べ物、例えばハンバーグやコンソメも与えてはいけません。
ニラやニンニクやしょうがも同じ仲間なので注意してください。
刺激物は感覚麻痺を起こす危険があります。
チョコレートやカカオには心臓血管や中枢神経に作用する物質が含まれていて、
下痢や嘔吐するだけでなく最悪の場合死んでしまう事もあるので絶対に与えてはいけません。
アルコールは嘔吐や下痢、中枢神経障害、昏睡、意識障害、呼吸障害などを引き起こす可能性が高いので与えない方が良いでしょう。
ぶどうは腎臓障害を引き起こす可能性があり、中毒症状を起こし最悪の場合死んでしまう事もあるので絶対に与えてはいけません。
干しぶどうであってもいけません。すべての犬に中毒症状が出るわけではありませんが、避けてあげたほうが良いでしょう。

人間と犬が必要とする栄養やカロリーの量は違いますし、人間は体内でビタミンCを合成出来ませんが犬はビタミンCを体内で合成出来たり、
人間は汗によって塩分を排出出来ますが犬は汗をかかないのでそれが出来なかったりするように、身体のつくりが違うのです。
人間が普通に食べているものでも犬にとっては危険な食べ物であったり、
人間用に味付けされた食品は犬にとっては塩分や糖分を多く含み過ぎていたりするので注意しながら美味しい食事を与えてあげましょう。