安心ドッグフードガイド-評判の人気製品を徹底比較-

メインイメージ

パピヨンにはどんなドックフードがいい?

パピヨンの犬種名はフランス語の「蝶」の意で、先端に飾り毛のある直立した大きな耳が蝶が羽根を開いたように見える事に由来しているのですが、もともとは垂れ耳のスパニエルでした。
ある時期から立ち耳のものが生まれるようになったのです。
同胎で生まれた中でも垂れ耳の犬と立ち耳の犬が混ざる事があり、パピヨンと言う犬種名は立ち耳になった以降に与えられました。

ちなみに立ち耳のパピヨン「蝶」に対し、垂れ耳のものはファレン「蛾」と呼ばれているのをご存知でしたか。
パピヨンはトイ・サイズの犬種のなかではもっとも従順で反応がよく、穏やかで人なつこく、とても遊び好きの上に、見知らぬ人や他の犬、他のペットとも仲よくし、子供の遊び相手としても理想的ともいえます。
体高より体長がやや長めで、敏捷で軽やかな足取りながら優雅に歩き、豊富な被毛はまっすぐ長く、絹糸のように流れています。
人なつこいながらも警戒心を備えた表情と、蝶のような耳がパピヨンの特徴といえ、活発で陽気なパピヨンは、毎日適度に散歩をさせる必要はありますが、屋外で飼育することはあまりお勧めではありません。

パピヨンは小型犬の犬種に比べると食が細いほうですので、何か手を加えて工夫をしないと食べてくれないことがあります。
牛乳などを混ぜてあげる時には、人間が飲むものではなく、犬用のミルクを混ぜてあげるようにしましょう。
そうすることによって骨が細い割に活発なパピヨンの骨の強化もできます。
ドッグフードもカルシウムリンなど骨、関節に配慮したものを選んだ方がよいでしょう。
またパピヨンが子犬のころは、まだ消化器官がきちんと発達していないので、1回にたくさんの量を食べることができませんので、1日の食事回数は3~4回くらいにした方がいいでしょう。
成犬になれば1日2回が適量となります。
一番の問題は食べることに貪欲ではないので、パピヨン用のドッグフードでもまったく受けつけないことがあります。何回も種類を変えて駄目でしたら、獣医などの専門家に相談しましょう。

こちらのサイトではドッグフードの口コミ情報や通販で安く購入する方法などランキング形式で記載されています