安心ドッグフードガイド-評判の人気製品を徹底比較-

メインイメージ

スピッツに合うドックフード

日本スピッツは、その基礎になった犬種には諸説ありますが、シベリア大陸を経由して日本に渡来した、白いジャーマン・スピッツを小型改良した犬種とも、サモエドを小型に改良したと考えられます。
スピッツの名前の由来さえもロシア語の「スピッチ(火)」とも、ドイツ語の「シュピッツ(とがったもの)」に由来しているとも考えられています。こちらは日本スピッツの口吻を形容して名づけられたと言われています。

日本スピッツは、額、耳、前足の一部を除いて、全身が光沢のある純白の長い被毛で覆われており、特に首から前胸にかけてとしっぽある飾り毛は豊かなものです。
家庭犬としてぴったりのサイズで、目と鼻は黒く、口吻はとがっており、耳は立ち耳で、美しいスタイルと気品を保っています。
しかしながら甲高い声で無駄吠えをすることから近所に迷惑になるとして、その人気は減少していきました。
その後、日本スピッツは熱心な愛好家によって無駄吠えしないように改良され、徐々に人気を回復し、現在では日本のみならず、海外でも受け入れられています。
日本スピッツは明朗で活発な性格をしており、飼い主に対しては従順で忠実です。
ただし、人見知りな面があり、他人にはあまり心を許しません。
昔は無駄吠えする犬として知られていましたが、現在はおとなしく改良されており、落ち着きがないものはあまり見かけません。

ドッグフードは「小型犬用」か「スピッツ専用」がお勧めです。
またスピッツは油脂分が多い食事を与えると皮膚病になりやすいので、離乳期を過ぎたら粗脂肪分が8%以下のドッグフードを選んであげた方がよいでしょう。
総合栄養食のドッグフードと水のみを与えるだけで、犬にとって必要な栄養素が得られますので、「幼犬用」「成犬用」「シニア犬用」などといったライフステージごとに、必要な栄養素を満たします。
ですが「犬種」ごとに分かれているドッグフードはある意味、その犬に相応しい栄養素が入っていますので、お試しになるのもいいでしょう。

また、ブランドが商標登録されている商品もあるそうです。
商標登録ってなに?という方は、商標登録サイトをご覧ください。わかりやすい解説があるので、お勧めです。