安心ドッグフードガイド-評判の人気製品を徹底比較-

メインイメージ

目的食のドックフードとは

目的食のドックフードとは、主食や間食の両方に当てはまらないドックフードの事を指します。
特定の栄養を調節したり、カロリー補強してあるもので、一般食、副食、カロリー補給食、栄養補完食、特別療法食などの表示がされています。
人間の食事で言えばおかずのようなものですので、そればかり与えては栄養が偏ってしまいます。総合栄養食と一緒に与えるのが良いでしょう。

肝臓が弱っているときや、与えられる栄養が限られている時、消化に負担がかからない栄養を与えたい時、
食事を手作りしていて栄養の過不足を補いたい時、高齢になってきた愛犬に骨と関節に配慮した栄養を与えたい時、
腎臓や心臓が弱っている時には腎臓や心臓に大切な必須アミノ酸を含むものを与えたり、
消化吸収にいいとされる内臓に負担をかけない高品質な栄養を選んで与えたり、たんぱく質、ナトリウム、リンを制限しながら
高品質な栄養を与えたりと愛犬の体調に合わせたもを選んで与えることが出来るのが目的食と呼ばれるドックフードです。

目的食は缶詰めやレトルトなどウエットフードに多く見られ、食の細い愛犬の食欲を増進させる目的で与えたりもします。
人間も肝臓が弱ったり腎臓が弱ったりすればいつもと同じ食事を取ることが出来なかったり、
普段食事をしていて野菜が足りないと思えば野菜ジュースを飲んだりしますよね。
それと同じように愛犬にもその時々の体調や年齢に合わせた食事を与えてあげる事が大切です。
犬も人間と同じように病気にかかったり、食欲が湧かなかったり、歳をとっていきます。
毎日総合栄養食と水を与えていれば必要な栄養は補えるように作られているのは確かですが、それは愛犬が健康であればの話です。
愛犬の健康を守ってあげられるのは飼い主さんだけですから、毎日の体調を見て食事を与えて、
食欲がなければ少し柔らかい食べやすいものを与えてあげたり、病気にかかってしまったら
その病気を改善出来るような食事の内容を獣医さんと相談しながら考えて与えてあげたりしてくださいね。